ミドリムシに含まれているDHA、EPA

ミドリムシというのは
植物と動物の両方の栄養素を併せ持つといった特徴があります。
ビタミンA、B、C、Eといったビタミン群の量はgあたりでは
モロヘイヤ、ケールと比較しても含有量が多いと言えます。
また必須アミノ酸を全部含んでいて、
アミノ酸スコアに関してもクロレラと比較しても非常に高い数字となっています。
その上特筆するべき点として
今話題を集めているDHA、EPAといった
n―3系多価不飽和脂肪酸が含まれている事です。
DHA、EPAは魚の脂などに多く含まれる栄養素で
動物性の脂と違って、血中コレステロール値を低下させてくれます。
魚の摂取量が一昔より減った日本人の食生活では
飽和脂肪酸が過剰摂取であると言えます。
ですが不飽和脂肪酸については不足しがちです。
あと人間の体の中では加齢により減っていきます。
話題を集めるDHA、EPAは

実際にはどんな効果を期待することが出来るのでしょう。

 

DHA

 

中性脂肪を低下させる

 

生活習慣病に関係する中性脂肪ですが、
中性脂肪が必要以上に増加すると
内臓脂肪型肥満となってしまいます。
DHAは中性脂肪が生成されるのを抑えて
肝臓での分解を促す働きがあります。

 

アトピー性皮膚炎を治す

 

DHAを摂取することでアトピー性皮膚炎が治ります。
アトピー性皮膚炎の患者を対象として
その有効性を確認したら50%以上が
アトピーが改善傾向にあるといったデーターが出ました。

 

視力が向上する

 

DHAは細胞内の原料になる以外にも
網膜、視神経にも必要で、
きちんと摂取すると視覚からの情報がス
ムーズに脳に伝達することが可能になります。

 

脳の働きが活発になる

 

頭の回転が速い人、
遅い人との相違点は脳内の情報伝達の役割を担う
シナプス(神経細胞)の量に違いがあると言えます。
DHAにはシナプスを活発にする作用があり、
摂取することで判断力、集中力がアップし、
痴呆症の予防と改善効果が期待できます。

 

子供の脳の発達を促進

 

人間の脳神経細胞はDHAが原料となるので
成長期には特に摂取する必要があります。
そうすることで健全な脳となります。
欧米諸国日買うし日本人の知能指数が高い理由は
DHAを沢山含んだ魚の摂取量が多いからと海外の研究者から言われています。
さらにDHAは胎児にも非常に重要な作用があります。
オーストラリアの医学誌には
魚油を摂取した妊婦が出産した子供の方が
視覚、手の協調関係が優れていたと記載されていて
胎児の健全な脳の発育の為に妊婦は積極的にDHAを摂取することを勧めています。
魚の脂に存在するDHAは、
例を挙げるとマグロ自身は自分でDHAを生成することは出来ないのです。
水中のミドリムシは自分で生成しそのミドリムシをプランクトンが摂取し、
プランクトンを小魚が摂取して、
小魚をマグロが摂取することにより
最終的にマグロにDHAが多く含まれることになります。

マグロにいい栄養素も溜まりますが、
食物連鎖によりマグロに蓄積された水銀といった有害物質は問題となります。
そんな理由により妊婦は大型の魚を摂取しない方がいいと言われています。
DHAが作られるのはミドリムシで、
その考え方から妊婦にも安全な栄養素の摂取が出来ると言えます。

 

EPA

 

EPAはDHAと同じく
n―3系多価不飽和脂肪酸の一種で
動脈硬化といった生活習慣病を予防する働きがあります。
コレステロールを低下する効果に関してはDHAの方が高いのですが、
中性脂肪を減らす働きはEPAの方が高いと得意分野が異なります。

 

アレルギー反応を抑える

 

アレルギー疾患にいいと言われる代表的な栄養素が
ビタミンB群の中に含まれるビオチンです。
EPAはビオチンの効果を高めてくれます。
さらにEPAの作用によりγ―リノレン酸と共に炎症の抑える働きもあると言えます。

 

動脈硬化と脳卒中を予防する

 

EPAには血液中のコレステロールを低下し
血液をサラサラにする効果があるので
血栓を防止し、脳卒中といった生活習慣病のリスクを下げることが出来ます。

 

生理痛が緩和する

 

生理痛というのは経血を排出する時に
子宮が収縮する際に痛みが出るんが原因です。
EPAは子宮が収縮する際に活動する成分である
プロスタグランジンの働きを和らげてくれます。
だから生理痛を緩和する効果が期待出来ます。

 

ミドリムシサプリ おすすめ