14種類のビタミンを一気に摂る?ミドリムシの高い栄養価に注目!

ミドリムシ、正式にはユーグレナという学名が付いているのですが、実はミドリムシには豊富なビタミンが含まれているのをご存知でしょうか。
その数、何と14種類。
ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCとD、葉酸などです。

 

その含有量にも注目が集まります。

 

100gという単位でビタミン類を比較すると栄養価が高いと言われるモロヘイヤやケールといったものよりもビタミン類の含有量は高いのです。
また、もう一つのミドリムシの特徴として、人工的に作られたビタミンではない自然由来のビタミンであるため健康を保つために効果的な働きをしてくれるのです。

 

14タイプものビタミンが含まれるとされるミドリムシですが、
中でもビタミンB群、ビタミンA、Cの量が多いとされています。
・α(アルファ)カロテン、β(ベータ)カロテン
また、ビタミンが多量に含まれている
大麦若葉、ケール、モロヘイヤ等と比べても、
ミドリムシの場合はビタミンの全てが
大麦若葉等よりも多く含んでいるのです。

 

・ビタミンB群
さらに、ミドリムシに含まれるビタミンの全ては
化学的に作られたものではなく、
天然成分のものであるため、体の中で働きやすくなっています。
大まかにいうと以下のとおりです。
ミドリムシに存在するビタミンや働きについてまとめてみました。
「タンパク質の生成を助けてくれる」
「代謝を良くする」
「健康な皮膚を保つ」
主にこのような働きをするのですが、もう少し細かく見ると、ビタミンB群の種類にはそれぞれに特徴あります、

 

(ビタミンB1)神経の働きを正常に保つ。
(ビタミンB2)体の細胞を再生。免疫効果を上げる。
(ビタミンB3)別名「ナイアシン」。炎症の抑制と血流改善。
(ビタミンB5)別名「パントテン酸」。皮膚や毛穴に栄養を運ぶ。
(ビタミンB6)肝臓脂肪がつくのを防いでくれる。
(ビタミンB7)別名「ビオチン」。毛髪や皮膚の健康を保つ。
(ビタミンB9)別名「葉酸」。造血作用がある。
(ビタミンB12)ビタミンB12とB9は強力タッグ。葉酸と一緒に造血をする。

 

どれも体を正常に保つには欠かせないものばかりです。
最近では、コレステロールや肥満を気にしてお肉を食べない方が増えていますが、お肉はタンパク質の塊であり、ビタミンBを取るには必要なものなのです。
しかし、ミドリムシにはこのビタミンBが豊富に含まれているというのですから驚きです。

 

・ビタミンC
「ビタミンCはお肌に良い」と聞いたことがある方も多いかと思いますが、「なんでお肌にいいの?」と聞かれて答えられる人は少なさそうです。
ビタミンCの主な役割には以下のようなものがあります。

 

「メラニンの過剰な生成を抑制する」
「コラーゲンの生成を助ける」
「抗酸化作用によりアンチエイジングを助ける」

 

ビタミンBでタンパク質を生成したなら、このビタミンCが若さを保たせてくれるといったところでしょうか。
人が生きる上ではやはり大事な栄養素となります。

 

・ビタミンD
ビタミンDの効能といて一番有名なのが、「歯や骨の生成を助ける」といった事でしょう。
こんな話を聞いた人も多いかと思います。
「日光に当たると骨が丈夫になる」
実はこれ、ビタミンDが大きくかかわるのです。
日光に浴びることでビタミンDが活性化します。このビタミンDですが、カルシウムを骨にくっつける接着剤のような役割があるのです。
このことからも分かるように、骨や歯を作るためにはビタミンDがかかせないという事がお分かりいただけるかと思います。

 

・ビタミンE
ビタミンEの重要な役割としては、「抗酸化作用」ですが、他にも注目すべき点があります。
それは「血流改善」「血管を丈夫にする」「コレステロールの増加を抑える」という事です。
最近テレビでも取り上げられるようになったナッツ類がまさにそれにあたります。
ナッツ類にはビタミンEが他の食品より多く含まれているため、アンチエイジングや健康に効果があるという事で注目されるようになったのです。

 

・ビタミンK
ビタミンKには主に2つの効果をもたらす特徴があります。

 

「血液をサラサラにする」
「血液を固める」

 

なんだか矛盾しているように見えますが、どちらも重要なことです。
血液をサラサラにするという事は、動脈硬化を防ぐ役割があるという事です。「危険!ドロドロ血液が命に関わる!」なんてタイトルで特集が組まれていたりしますので、こちらもよくテレビで見ますよね。
また、あまり知られていないこととして、血液を固める効果についても覚えておきましょう。
血液を固めるとは、言い方を変えると「止血作用がある」という事です。
ビタミンKは別名で「止血ビタミン」と言われるほど重要なものなのです。
転んでケガをしたときはもちろん、女性の出産時にも欠かせない栄養分となるのです。
また、ビタミンDと同じように、カルシウムを骨に取り込む働きもするため、やはり妊娠から出産でカルシウム不足になる女性には大事な栄養とも言えます。
ミドリムシサプリ おすすめ