ユーグレナとは?

ユーグレナとは、日本では「ミドリムシ」の和名で知られています。

 

17世紀に、顕微鏡を発明したオランダの
科学者アントニ・レーヴェンフック博士によって発見された微細藻類です。
ユーグレナという名前の由来は、
その形状。ラテン語で「美しい(eu)眼(glena)」と名付けられました。
ユーグレナは動物と植物の中間的な単細胞生物で、
地球に初めて産まれたのは5億年以上前と言われています。
その最大の特徴は、「パラミロン」という物質をその体にため込んでいること。
このパラミロンは、メタボリックシンドロームの原因となる
中世脂肪やコレステロールを吸収し、
体外に排出する効果で注目されています。

 

「パラミロン」とは?

 

パラミロンは、ユーグレナにしか含まれていない食物繊維成分です。
人体では消化されません。
パラミロンには、β1、3グルカンによって構成される三重らせん状の小さな穴があります。

 

パラミロンはを摂取すると、その穴に脂肪やコレステロール、
有害重金属等が取り込まれます。

 

これらを抱えたまま、体外に排出されるのです。

 

これによるでとックス効果が、注目されています。

 

加えて便通を改善して腸の働きをよくしたり、
腸管の粘膜細胞を刺激して免疫力を高める作用もあります。
ほかにも抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、抗ガン作用、
アトピー性皮膚炎の解消も期待できます。
またユーグレナには、パラミロン以外にもビタミン類、
ミネラル類、アミノ酸、不飽和脂肪酸のDHA、EPAなど、
人間が体外から摂取すべき栄養素のほとんどすべてが含まれているのです。

 

ミドリムシサプリ おすすめ