初回お試し1,000円で石垣島のユーグレナを飲んでみた感想

59種類の栄養素が入っているユーグレナは
メディアや雑誌などでも人気急上昇ですが、
その反面、商品もどんどんたくさん発売されるので
どれがいいのかわからなくなってしまいます。

 

(私がそうでした。。)

 

まずは有名なメーカーが安心なんじゃないかな〜とか、
成分をしっかりチェックして無添加のもの、国産のもの、
などを選ぶようにしています。

 

小林製薬といえば、たくさんのサプリメントからスキンケア、ヘアケア商品と
たくさんの商品が発売されていますが、
ユーグレナのサプリメントも販売していました。

 

小林製薬の『石垣島のユーグレナ』

 

石垣島のユーグレナの成分をみてみると、
ユーグレナ、結晶セルロース、粉末還元麦芽糖、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウムです。

 

結晶セルロースとはなんぞや?

と調べたところ、パルプ(紙の原料)を鉱酸で分解して、非結晶領域を除いたものが結晶セルロースです。
食物繊維なので水には溶けないとか。
なんで使われてるのか?
というと多分、結晶セルロースは賦形剤、増粘剤として使われているらしいので
栄養成分を固めて錠剤にする役割をしているのではないでしょうか。
結晶セルロースは害はないのか?
と疑問に思いましたが、害はないけど、これ結晶セルロース自体が
栄養成分として成分に含まれているわけではないようです。

 

粉末還元麦芽糖はどうなのでしょう?

麦芽糖はとうもろこしやじゃがいも、タピオカなどから作られています。
甘みはありますが、砂糖よりカロリーが低く、血糖値やインスリン上昇も緩やかなので
糖尿病患者さんの砂糖代替食品として使われることもあるそうです。

 

微粒酸化ケイ素は、、、また難しい名前がでてきましたが、

これはサプリメントの変質を防ぐために入れるとか、、、
この微粒酸化ケイ素自体は体の中には吸収されず、素どおりしていくので
体には残らず害はないようです。

 

ではステアリン酸カルシウム?

カルシウムというからには、栄養素として配合されているのか、と思いきや、
ステアリン酸カルシウムというのは水と油のように混ざりにくいものを混ぜ合わせるために使われる
いわゆる乳化剤の役割をするようです。

 

特に安全性の問題では指摘されていません。

 

こうしてみると、成分のユーグレナ以外は全部ミドリムシサプリを作るうえで必要なものであって
これ自体が栄養素という訳ではないようですね。

 

 

初回限定お試し1,000円石垣島ユーグレナが届きました

 

ちょっと大きめのダンボールが届きました。

 

 

開けてみると、小さな石垣島ユーグレナが入っていました(笑)

 

 

石垣島ユーグレナはボトルに入っていました。

 

 

蓋を開けてみるとうす緑色のユーグレナの錠剤がゴロゴロ・・・・
40錠入っています。

 

 

粒は少し大きいような気がします。
一日の摂取する目安は4粒ぐらいです。
匂いは、、、一粒だけだとあまりにおわないけど、
ボトルごと、まとめて嗅ぐとちょっとくさいような気がします。

 

 

小林製薬の石垣島のユーグレナはユーグレナ配合食品となっています。
着色料、香料、保存料すべて無添加となっていますが、
他のメーカーの商品はユーグレナ加工食品となっているものもあります。

 

加工食品と配合食品ってなにか違いはあるのかしら?

 

いろいろ調べていたけれど、それほど違いはないようです。

 

 

私が注文したのがちょうど年末だったこともあり、カレンダーがついてきました。

 

 

なぜか、化粧品のサンプルも入っていました。

 

石垣島のユーグレナは5,184円が初回1,000円で購入することができます。
さらにそのまま定期購入を申し込むと1回目は半額の2,592円。
定期便は毎回4,561円で購入できます。