人気のミドリムシサプリを比較してみよう!

ユーグレナ・ミドリムシもいろいろなタイプのサプリメントがありますね。
人気の緑汁は粉末だけど、
カプセルに凝縮したものも、
錠剤にしたものもあります。

 

どれもユーグレナミドリムシはしっかり配合されています。
では、含有量はどのくらいなのでしょう?

 

やはり飲み続けるには料金も気になりますね。
まずは、人気のユーグレナミドリムシサプリ6種を比較してみました。

 

人気のユーグレナミドリムシサプリ6種を比較

 

  ユーグレナファームの緑汁

ミドリムシ
ナチュラルリッチ

ミドリムシ
エメラルド

ミドリムシ
石垣島

パーフェクトグリーン バイオザイム
 


 


 


 


 

定価

4,200円
(31包)

5,450円
(150粒×2袋)

6,500円
(110粒)

4,800円
(120粒)

12,600円
(90粒)

6,825円
(100粒)

一日あたりの
飲む目安

1包 10粒 3〜4粒 4粒 3粒 3〜6粒

一日あたりの
料金

135円 181円 216円 160円 420円 227円
お試し企画

1週間分
500円
 

150粒463円 なし

初回半額
2592円(税込)

定期購入初回
1000円
 

初回限定
980円
 

なし

ユーグレナ
含有量

500mg/
1日500mg

50mg/粒
1日500mg

250mg/粒
1日500mg

125mg/粒
1日600mg

240mg/粒
1日720mg

250mg/粒
1日750mg

ユーグレナ社
正規品

正規商品 認定品 認定品

認定品ではない
小林製薬商品

認定品 認定品

 

 

ミドリムシサプリ(ユーグレナ)人気ランキング

 

口コミ評判で人気のあるミドリムシサプリを全部試してみて、
良かったものをランキングにしてみました。

 


ミドリムシナチュラルリッチ

 

 

お試し 150粒463円
通常価格

5,450円
(150粒×2袋)

1日あたりの価格 181円
1日あたりの目安 10粒
ユーグレナ含有量

50mg/粒
1日500mg

ユーグレナ社正規品 認定品
の特徴

ミドリムシナチュラルリッチは完全無添加、
材料はすべて国内産で石垣島産のユーグレナを使用しています。
さらに生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌と
善玉菌のエサとなるフラクトオリゴ糖も配合しているサプリです。

 


 

 


ユーグレナファームの緑汁

 

 

お試し 1週間分500円
通常価格

4,200円
(31包)

1日あたりの価格 135円
1日あたりの目安 1包
ユーグレナ含有量

500mg/包

ユーグレナ社正規品 正規商品
の特徴

ユーグレナファームの緑汁は石垣島産のユーグレナにニュージーランド産の有機大麦若葉と
インドネシア産の有機明日葉を加えて作られています。
粉末タイプのものですがクセもなく抹茶のような味わいで美味しく飲めます。

 


 

 

 


ミドリムシエメラルド

 

お試し 1週間分500円
通常価格

6,500円
(110粒)

1日あたりの価格 216円
1日あたりの目安 3〜4粒
ユーグレナ含有量

250mg/粒

ユーグレナ社正規品 認定品
の特徴

ミドリムシエメラルドはユーグレナの59種類の栄養素に加え、
葉酸、コエンザイムQ10、マキュベリー、有胞子性乳酸菌が
配合されています。
デトックス効果、美容健康に良い成分がギュッと詰まったサプリメントです。

 


 

 

 


石垣島のユーグレナ

 

 

お試し 150粒463円
通常価格

4,800円
(120粒)

1日あたりの価格 160円
1日あたりの目安 4粒
ユーグレナ含有量

125mg/粒
1日500mg

ユーグレナ社正規品 認定品ではない
の特徴

石垣島のユーグレナは製薬会社が作っているので
品質は厳しい審査のもと、製造されています。
石垣島産のユーグレナを使用して
作られました。

 

 


 

 

 


ハイユーグレナ

 

 

お試し なし
通常価格

7,000円
(360粒)

1日あたりの価格 230円
1日あたりの目安 10〜15粒
ユーグレナ含有量

1200mg/1日

ユーグレナ社正規品 認定品
の特徴

ハイユーグレナは丁寧に作られた無添加最高峰のユーグレナです。
通常60粒製造できる時間でハイユーグレナ1粒を製造、
60倍の丁寧さで製造しユーグレナ80%クロレラ20%と
含有率もとても高いのが特徴です。

 


 

 

 


バイオザイム

 

 

お試し なし
通常価格

6,825円
(100粒)

1日あたりの価格 227円
1日あたりの目安 3〜6粒
ユーグレナ含有量

250mg/1粒

ユーグレナ社正規品 認定品
の特徴

バイオザイムはミドリムシが注目される前、
2008年から発売している老舗的なミドリムシサプリです。
発売以来、変わらぬ人気、愛飲者を維持しているのが特徴です。
偽造品も出回っているため、購入はミドリムシ市場がおすすめです。

 


 

 

 


みどり酵素

 

 

お試し 908円
通常価格

4,000円
(60粒)

1日あたりの価格 133円
1日あたりの目安 2粒
ユーグレナ含有量

不明

ユーグレナ社正規品 認定品ではない
の特徴

みどり酵素は名前のとおり、ミドリムシと酵素が一緒に摂れるサプリメントです。
ミドリムシ植物発酵エキス、フラクトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌、と
まさに欲張りなミドリムシサプリ。
人気ユーグレナ商品を数多く販売しているエポラの商品となります。

 


 

 

タイプ別ミドリムシサプリおすすめはこれです!!

 

粉末タイプなら緑汁がおすすめ!

↓↓↓↓↓

ユーグレナ・ファームの緑汁

ユーグレナファームの緑汁《1週間お試し500円モニター》あり

 

>>ユーグレナファーム緑汁の購入レポはこちら

 

ユーグレナの「緑汁」という健康食品をご存知ですか?
「緑汁」は、社名の由来となっている、ユーグレナを主原料にした粉末状の食品です。

 

ユーグレナとはミドリムシのことです。
ミドリムシといえば小学校の理科室の顕微鏡で見た経験をお持ちの方も多いはず。
肉眼ではなかなか見えにくいこの小さな生物が、今「未来の食材」として、大変注目されているのです。

 

食材として見たミドリムシのすごいところは、何と言ってもその栄養価の高さ。
実はミドリムシは虫ではなく、藻類の一種、私たちにとってなじみ深い海苔やワカメ、コンブなんかの仲間なのです。
植物であるミドリムシですが、同時に自力での移動が可能など、動物の性質も持つ、大変ユニークな生物なのです。
この性質ゆえに、動物性と植物性、両方の栄養が含まれています。
その数何と59種類。
ミドリムシは、私たち人間が生存するために必要な栄養素のほとんどすべてをミドリムシが備えている、と言っても過言でないほどの、豊かな栄養の持ち主なのです。
その上ミドリムシの細胞には、植物の細胞にある細胞壁がないため、栄養の吸収率も一般の野菜や果物と比べて、非常に高くなっているのです。

 

さらに特筆すべきはパラミロンという固有の成分がミドリムシに含まれていることです。
パラミロンは食物繊維のように、消化吸収されることがない成分です。
そのうえ、中性脂肪やコレステロール、プリン体のような不要なものを体外に排出する働きも持っています。
だから、体を内側化きれいにするのにもぴったりの成分なのです。

 

ユーグレナファームは、東京大学との共同研究により、世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功した企業です。
石垣島のきれいな環境のもとで育てられたミドリムシを主体にして、「緑汁」は作られました。
「緑汁」にはさらに、有機栽培の大麦若葉や明日葉の粉末、それにオリゴ糖も配合されており、野菜不足の現代人の健康に配慮された食品となっています。

 

この「緑汁」は、通販限定で、1か月分4300円です。
初回お試しセットもあり、こちらは7日分で500円、と大変お得になっています。

 

↓公式サイトはこちらです↓

 

 

錠剤タイプならナチュラルリッチがおすすめ!

↓↓↓↓↓

 

カプセルタイプならミドリムシエメラルドがおすすめ!

↓↓↓↓↓

ミドリムシの様々な特徴についての説明

0.05mmといった微生物

 

ミドリムシというのは体の大きさが0.05mmくらいしかないかなり小さなサイズの微生物であり藻の一種と言えます。
頭髪の太さは大体0.07mm程なので頭髪より細いということです。
なのでミドリムシの姿をきちんと目にするには顕微鏡が必用です。
ですがそんなに小さいミドリムシには無限の可能性があるのです。

 

 

動物であり植物と言える不思議な生命体

 

ミドリムシは動物であり植物であるといった両方の特徴を持っていて淡水で育つ生き物です。
さらに和名は「ミドリムシ」となりますが本当は「ムシ」ではありません。実はワカメ、昆布といった藻の仲間なのです。
なので葉緑体を持ち植物と同様に光合成をして栄養を体内に蓄えることが出来、その上動物と同様に細胞を変形し移動することが可能です。
そんな風に生物学上において植物と動物の2つの性質を持っている生き物というのはとても貴重です。

 

 

5億年以上前から地上に存在する人類の大先輩

 

ミドリムシという生き物は5億年以上前から地上に存在すると言われています。
その事実を発見したのはオランダのアントニ・ファン・レーウェンフック氏で1660年代に報告されました。ミドリムシの学名はユーグレナといってラテン語の美しい(eu)眼(glena)といった意味です。
それから1950年代になるとアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏によりミドリムシなどを使い光合成の研究が行われ光合成を行い炭素固定反応のカルビン・ベンソン回路を解明したのです。メルヴィン・カルヴィン氏はこの功績で1961年にノーベル化学賞を受賞しました。
1970年代にはミドリムシという生物はアメリカ航空宇宙局(NASA)により宇宙開発の視点で関心を集めるようになりました。
宇宙でその生態を見る時の代表とも言える生物の1つに厳選されたのが最初ですが、さらにミドリムシは太陽光と二酸化炭素により育つことが可能で乗務員の呼吸により発生した二酸化炭素がミドリムシの成長を促進し酸素を得ることが出来るといった二重の利点が挙げられることからも関心が高かったのです。

 

その後1990年代になるとミドリムシを使用した医療や医療品が開発され二酸化炭素固定の研究もされています。

 

また2005年には株式会社ユーグレナは世界最初のミドリムシの食品を作り屋外大量培養を行うことに成功したのです。

 

 

 

植物なので光合成を行い栄養素を作れる

 

ミドリムシは植物なので光合成を行い成長することが出来ます。つまり太陽の光と水、あとは二酸化炭素さえあれば成長します。
そして栄養素の生産効率が稲の約十数倍と判明しています。
さらに高濃度の二酸化炭素といった過酷な環境においても成長することが出来その生存能力が高いことからも関心を集めています。
驚くべきことに空気中の1000倍もの二酸化炭素濃度の中もで死亡することはなく元気に生育することが出来ます。
また光合成をするということは、二酸化炭素を炭水化物などに固定したとしても酸素を生成すると言えます。つまり生産効率の点でみてもミドリムシは非常に優れているのです。
二酸化炭素の固定能力の高さにより地球温暖化対策にもミドリムシは有効であると期待が高まっています。

 

 

59種類といった沢山の栄養素

 

動物、植物といった2つの性質を持つミドリムシは、ビタミンやミネラルさらにはアミノ酸、不飽和脂肪酸といった59種類の栄養素を備えているのです。つまり人間が生命を維持する為に不可欠な栄養素のほとんどをミドリムシは含んでいると言えます。
そんな高い栄養価を含むミドリムシは先進国の人からしたら毎日の食生活で不足した栄養素を補填する栄養補助食品、サプリメントに頼りになると言うことが出来ます。
さらに発展途上国で微量栄養素の不足で苦しむ人の為の食料援助の素材にもミドリムシは大いに期待できます。

 

ミドリムシから燃料を作る

 

次の世代の燃料として注目されているのが植物で藻類から燃料を精製するバイオ燃料に関心が高いと言えます。このバイオ燃料というのは石油といった化石燃料とは異なり資源が枯渇することはありません。さらに化石燃料を燃料に使うと二酸化炭素が排出されます。ですがバイオ燃料の場合は原料である植物の藻類が成長する時に二酸化炭素を固定化して燃料に排出します。だから全体的にみると二酸化炭素の排出量は増加せず温暖化防止にも役立ちます。
ミドリムシという生物は、光合成を行い二酸化炭素を固定し育つ際に油脂分を生成しバイオ燃料の原料となります。中でもミドリムシというのは微細藻類でも抽出、精製が行われたオイルが軽質な点も他の微細藻類に比較してジェット燃料に最適という実験結果が出ています。

 

ミドリムシという未来食材の可能性

 

人間が健康的に生活する為には食事によりバランスよく栄養素を摂取することが重要だと言えます。ミドリムシというのは藻の一種で植物と動物の2つの性質を持つ非常に珍しい生き物だと言えます。なので通常野菜に含まれているビタミン、ミネラルといった栄養素だけではなく魚に含まれることが多いDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸も含まれているのです。
その上ミドリムシは59種類の栄養素を含んでいるので栄養不足の人や栄養バランスの乱れを改善することが出来る「未来の食材」として注目されています。

 

ミドリムシは消化吸収率が非常に高い

 

ミドリムシというのは植物と動物の性質を両方持っているので植物に含まれているビタミンC、葉酸、動物に含まれているDHA、EPA、ビタミンB1などの両方の栄養素を持っていると言えます。さらに生物学上の特徴として注目すべき点は植物なのに細胞壁が存在しなくて細胞は細胞膜により構成されています。細胞壁がある場合は人間は細胞膜を分解する為のセルラーゼを持たないので栄養素の消化効率が下がってしまうのですがミドリムシの場合は細胞膜だけなので栄養吸収が非常に高いということが出来ます。
要するにミドリムシというのは植物と動物の栄養素を合わ持ちつつ、細胞膜のみなので通常吸収効率が低い植物の栄養素をミドリムシなら動物の栄養素と同等に手軽に体内に摂取することが可能です。

 

特徴的な天然物質であるパラミロン

 

ミドリムシの特徴的な成分はβ-1,3-グルカンの高分子体の特殊な天然物質であるパラミロンと言えます。
光合成を行うことで作られた糖を効果的に貯蓄することが出来粒子は螺旋状になっていて複雑な構造だと言えます。
表面上に沢山の小さな穴があり、コレステロールといった不要物を取り込むことが出来ます。
さらに食物繊維みたいに難消化性となってるので吸収されないで排出されます。
あといろいろな働きをしていて機能性食品に活用が考えられています。
例を挙げるとパラミロンは構造が炭に似通っていて。炭には消臭効果があり、
それは炭の表面に存在する沢山の孔が臭いの原因である分子を吸収しているからなのです。

 

空気中に存在する臭いの原因を吸収する働きがあるのが炭でパラミロンは炭と同様に不要物を吸収してくれます。
さらにパラミロンは油分といった不要物を排出した上でプリン体を摂取した際に吸収をブロックする作用があります。

 

 

乳酸菌が活発になる

 

ミドリムシは非常に乳酸菌と相性がいいことで知られています。
その理由はミドリムシは乳酸菌を活性化させる作用があり、従来乳酸菌を活性化させることで知られていたオリゴ糖と比較してもミドリムシの方が乳酸菌の活発にする力が強いと研究結果で証明されています。

 

ミドリムシのエキスを添加すると18時間後には完全にヨーグルト化します。

 

逆にエキスを添加しないモノはほとんど牛乳のままの状態であると言えます。

 

 

 

ユーグレナは59種類の栄養素、消化吸収率が高い

 

肉、魚、卵などの動物性食品、
野菜の吸収率は通常40%程なのを知っていますか?

 

ですが今注目されているミドリムシは栄養の吸収率が93.1%です。
その理由は吸収を阻害する細胞壁が存在しないので無駄がなくて効率的に体内に栄養を行き渡らせることが出来ます。
沢山栄養が含まれている上にそれをムダにすることなく効率的に体内に吸収することが可能な理想的な食品なのです。

パラミロン、葉緑素の2つのパワーで腸内環境改善

 

貴方は知っていますか?
無意識の内に胃腸に不要な物質が溜まっているのです。
某データにおいては1年で8Kg程の食品添加物を体内に摂取するそうです。
体に老廃物を蓄積した状態では代謝が低下し、肌が荒れたり疲労が溜まりやすくなったり、体調不良になってしまいます。

 

 

体の末端部まできちんと栄養が行き届く為に最も重要な点が胃腸がキレイな状態であることです。
化粧をした状態では美容液は肌に浸透しません。
美容、健康の敵を排除してくれるのでミドリムシだけが含んでいるパラミロンと葉緑素と言えます。

 

パラミロンに関する説明

 

ミドリムシのみが含んでいる特有成分で胃腸内の中性脂肪、コレステロール値を吸収して排出する作用があります。

 

ミドリムシはどうして注目されているのか?

 

世界的に有名な総合大学と言える東大をはじめとして世界の科学者が長年研究を続けてきたのがミドリムシです。
東京大学に入居しているベンチャー企業が、世界で最初に大量培養を行うことに成功した事が契機となり食品としての可能性が注目されるようになったのです。
今も日々先進的な研究が行われています。
そしていろいろな臨床データが注目されているのです。

 

ミドリムシが理想的な食材である訳

 

ミドリムシだけで多くの体が必要とする栄養素をカバーできます。

 

人間の体というのは工場と同様に栄養が不足するときちんと稼働しないのです。

 

現代人はその1つとも言える微量栄養素が不足していて、それが体調不良を引き起こしています。

 

いろいろなサプリメントが売られてるのですが、何か1つの栄養素を摂取しても意味がなくて、バランスよく栄養素を摂取することが重要です。全然動いていない体の機能をきちんと稼働させる為には健康維持が大事だと言えます。

 

59種類、人に不可欠な栄養素がバランスよくカバーすることが出来るミドリムシは、現代人にとって理想的な食品なのです。

【ミドリムシが地球を救う】

 

ミドリムシ(学名:ユーグレナ)は、
その豊富な栄養素や特徴などから、健康素材としてだけでなく、バイオ燃料の原料としても各種機関で研究されています。

 

さらに、「動物」と「植物」両方の性質を兼ね備えているミドリムシは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、人間に必要な栄養素59種類が補えるスーパー食品です!

 

栄養バランスの崩れがちな私たちの願いを叶えてくれる素材として、食糧危機問題にも大きな可能性が注目されています。

 

 

メタボリックシンドロームからの脱却

 

メタボリックシンドロームを日本語に置き換えると「内臓脂肪症候群」となります。
内臓脂肪型の肥満体で、病気発症の一歩手前、予備軍の状況を指しています。
またメタボリックシンドロームは、生活習慣病が深く発症に関わるとみられる疾患の総称でもあります。
食の欧米化や運動不足、ストレス、過食などによる内臓肥満が増加しています。
その結果としての糖尿病や脂質異常症(高脂血症)、高血圧などの生活習慣病が大きくメタボリックシンドロームに関わっているのです。

 

メタボリックシンドローム状態の人では、脳卒中、脳梗塞、心臓血管疾患の発症率が、健康体の人の2,5倍に及ぶ、
というデータもあります。食事による脂肪の摂り過ぎと運動不足など、悪い生活習慣の繰り返しが大きな要因になっています。

 

ここでパラミロンという、ユーグレナにしか含まれていない物質が注目されています。
内臓脂肪症候群の原因物質、中性脂肪やコレステロールを吸収し、体外に排出してくれることがわかりました。
これは、大阪府立大学、東京大学、近畿大学などのチームによる研究成果です。
さらに注目されているのは、パラミロンは中性脂肪の他、人体に入った有害重金属の排出作用(デトックス作用=毒出し)
もあることがわかりました。これが「引き算」の役割を担うものとして期待されています。

 

ユーグレナのすぐれた効果

 

以下、ユーグレナの効能について述べていきます。今やユーグレナは生活習慣病の予防にとどまらず、二酸化炭素(CO2)
削減など環境保護の面でも期待される存在です。
1.便秘の解消効果
2.大腸がんの予防効果
3.メタボリックシンドロームを改善
4.糖尿病の予防効果
5.脂質異常症を改善
6.高血圧を改善
7.心臓病の予防効果
8.脳卒中の予防効果
9.冷え性を改善
10、肩こりの解消
11.神経症状を改善
12.デトックス(毒出し)効果
13.免疫力の強化作用
14.抗ウイルス作用

15.抗アレルギー作用
16.二酸化炭素吸収効果
17、バイオ燃料として利用できる
18.クッキーやパスタなど食材に加工が可能

 

今、大阪府立大学、東京大学、近畿大学、鳥取大学の研究グループが大量培養研究に取り組んでいます。
幅広い応用の可能なユーグレナは、人類にとって最も期待の高い素材と言ってもいいでしょう。